呼吸器系の症状に悩むかたがたの鍼灸治療体験談

太玄堂鍼灸院に実際に来院された方の中から、「のどのつまり」など、呼吸器の症状に悩むかたがたの鍼灸治療体験談をご紹介いたします。

のどのつまりの鍼灸治療体験談

のどのつまりの治療体験談(T.Yさん、30代男性)

初診:平成22年8月

ある時、突然、喉の痛みに襲われました。喉の奥に石ころが詰まったような症状になって、食事もうまく喉を通らない程の状況でした。

最初は、耳鼻科、消化器科に通院し、処方された薬を飲み続けましたが、一向に症状が改善する様子もありませんでした。担当医師の紹介により、心療内科を紹介され、診察を受けましたところ、身体表現性障害と診断され、完治することは難しいと言われました。

途方に暮れていたある時、私の友人が鍼治療を受けていて、症状がかなり良くなったと聞きました。そこで、通い始めたのが太玄堂鍼灸院でした。

始めに一時間の診察を受けて、方針を決定してから鍼を打ちました。最初に打ってもらった日から、症状がすーっと楽になるような感覚がありました。鍼を打っても、痛いどころか、むしろ気持ちよく眠りにつくほどでした。

調子が悪い時に行くと一旦症状が収まるという速効性もありました。症状が良くなったり、悪くなったりを繰り返しながらも、徐々に良くなっていくのが実感できました。

通院するペースも一週間に一度から10日に一度になり、一年半経過した現在では、すっかり良くなり、たまに調子の悪い時に1か月から2か月に一度程度通うくらいになりました。一時期は、もう治らないかもと思いかけていたのに、今はすっかり喉の支えもとれ、日常生活に支障がなくなりました。

その他にも、風邪をひいたりおなかを壊したりしたとき、はたまた果物アレルギーで顔が腫れてしまったときにも、鍼をして治してもらいました。

自分と同じような症状で苦しんでいる人はたくさんいると思います。その中で、どれだけの人が適切な治療を受けているのか、はなはだ疑問です。福田先生にお会いし、治して頂いた私は大変幸運だったと思います。

T.Yさんへ

T.Yさんのような症状は東洋医学では梅核気といい、鍼灸での治療がとても有効な疾患でありますが、なによりもT.Yさんが途中でくじけず、治療をきちんと続けられ頑張られた結果だと思います。

私も本当にうれしいです。

今回は体験談を書いていただきありがとうございました。

太玄堂鍼灸院 福田毅

鍼灸治療体験談メニューへ戻る

ストレス、のどのつまりの鍼灸治療体験談

ストレス、のどのつまりの治療体験談(Y.Mさん、30代女性)

初診:平成20年9月

10年程前から過呼吸に苦しみ、1年程前からうつ病になり、人と接することが苦痛になりました。

半年前に非常にのどがかわき、落ち着かず、食事をとろうと思っても、飲み込めなくなりました

内科、かかりつけのメンタルクリニックに足を運びましたが、「心配しすぎ。気のせいです」と言われ、絶望していた頃にインターネットで太玄堂のことを知りました。

鍼灸の経験がなく、とても不安でしたが、初回では先生にじっくり症状を聞いていただき、「大丈夫。なおりますよ。」と言われた時は、救われた気分になりました。

その後、週2回、週1回と回数をへらしていっても、どんどん心身ともに元気になるのを実感できました。

今では、以前のように食事をできるようになり、改めて健康の大切さを痛感しています。

鍼で治療してもらうと、いろいろと悩みがちな私でもポカ〜と身体があたたまっていくと同時に「まあ、なんとかなる!」という前向きな気持ちになり、最高のリラックスタイムです。

これからも定期的に通わせていただき、心身の元気をチャージしていきたいとおもっています。

Y.Mさんへ

ものが飲み込めるようになり本当に良かったですね。

Y.Mさんの咽喉(のど)のつまりは東洋医学では梅核気というものでストレスが大きな要因となるものでした。

東洋医学・鍼灸は単に体を治すだけではなく心も元気にしてくれるものです。

これからも心身ともに元気になるそのお手伝いをしていきたいと思っています。

今回は体験談を書いていただきありがとうございました。

太玄堂鍼灸院 福田毅

鍼灸治療体験談メニューへ戻る

△ページTopへ戻る